ほぼすべての記事で書いている気がしますが、
東京オリンピック・パラリンピックが2021年に延期となりましたね。

今回ご紹介するのはオリンピックミュージアムで、
オリンピックのメイン会場『新国立競技場』の隣にあり、
2019年9月OPENした比較的新しい施設です。

この施設は3つのゾーンに分かれており、
モニュメントゾーンウェルカムエリアエキシビジョンエリア
となっていますので、1つ1つを順に紹介していきます。

モニュメントエリア

施設に到着すると、初めに目に飛び込んでくるのは
オリンピックのシンボル「五輪マーク」です。
このモニュメントを含む外エリアがモニュメントエリア
と呼ばれています。

聖火台と展示物

外のスペースは芝生があったりベンチがあったりと、
都会の中に憩いのスペースがあります。
その中にも展示物はいくつかあり、

芝生を横切る歩道には
日本初の金メダリストである織田幹雄さんが
陸上競技三段跳びで跳んだ足跡が表示されています。
距離にして15.21mで、飛んだ距離の位置が印されてありますが
ものすごく遠いです!

その他にも過去日本で開催されたオリパラの聖火台が
縮小され、並んでいたりします。

また、逆側を向くと新国立競技場が道路を挟んで建っています。

東京 オリンピックミュージアム

外のエリアはおおよそこのような感じです。

ウェルカムエリア(1F)

外紹介もおわったので、建物内部に入っていきましょう。

五輪のマークと近代オリンピックの創始者として知られる
「クーベルタン」の銅像を横に入口へ取って向かいましょう!
1階のウェルカムエリアについては無料で観覧できるスペースとなっています。

中に入ると、写真には収まりきらないほど大きなボードとモニターが設置されています。

他にもオリンピックのトーチが展示されています。
2020年3月26日に福島県で行われた「聖火リレーグランドスタート」で
少しニュースにもなっていたので、ご覧になった方も多いかとは思いますが、
聖火リレーの際に、聖火ランナーが持ちながら走るものです。

奥にはコインロッカー(硬貨返却式)があるので、
旅行初日など大きな荷物があっても安心して行けると思います。
他にもオリンピックに関する書籍が置いてあったり、CAFEが併設されています。
1F部分は無料のため、核となるようなものはあまりないかもしれません。

エキシビジョンエリア(2F)

ミュージアムの核となる展示エリアへと参りましょう。
2Fエキシビジョンエリアは有料施設となっています。
1Fでチケットを購入し、階段もしくはエレベーターで2Fへと昇ります。
係員にチケットを提示すると、そこから展示ブースの始まりとなります。

まずは、大会の起源や古代オリンピックの説明など、勉強部門からスタートします。

歴史と言えども勉強ばかりでは無く、展示を見て学ぶようなスペースもあります。
モニュメントゾーンには日本の過去大会の聖火台が飾られていましたが、
このスペースには過去大会すべての聖火台やトーチが展示されており
時代の変遷とともに、豪華になっていく様子が分かります。

展示のゾーンもまだまだあり、オリンピックで使用される予定のメダルの展示もあったり、

前回の東京オリンピックの時に、東京含め日本がどのように発展したか。
など、興味をそそられるものがたくさんありました。

展示コーナーを抜けると、今度は体験コーナーがあります。
AIや人間工学を用いているんでしょうか。
モニターに流れる実際のオリンピアンの動きに合わせて、自らも同じ動きをしてみる。
といった内容が多く、大人も子供もみんな楽しんでいましたよ!

そして、手前に見えているのは重さの体験コーナーです。
円盤投げや砲丸投げなど、持ちあげて体験することが出来ます。
実際に持って確かめてみましたが、男子の砲丸は滑るし、重たいしで
全然持つことが出来ませんでした。
あれだけロジンを塗る意味が分かりました…笑

ここから出口までの間には、備え付けのタブレットを通して過去のメダリストのお話を聞くことが出来たり、
シアターがあったりと、かなり充実した内容となっています。

まとめ

私自身は結構軽い気持ちで入ったのですが、
生まれる前のことなど改めて勉強してみると面白いことが多く
おおよそ1時間程度見るのにかかりました。
サッと見ることももちろん可能ですし、体験などしっかりすると
もう少し、時間の余裕を見てもいいかもしれません。

学習要素が強いので、夏休みに子供の自由研究課題で
訪れてみてもいいかと思いました。

是非この記事を読んで興味が湧いた方は行ってみてください!

アクセス

電車

東京メトロ 銀座線 外苑前駅(3番出口)徒歩5分
都営大江戸線 国立競技場駅(A2番出口)徒歩10分
JR中央線・総武線(各停)千駄ヶ谷駅 / 信濃町駅 徒歩12分

日本オリンピックミュージアムには駐車場及び乗降スペースはありません。

料金

一般 500円 / シニア(65歳以上)400円 / 高校生以下 無料

住所・休館日

住 所:東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 1・2F
休館日:月曜日(月曜が祝日または休日の場合、翌平日休館)、他、年末年始及び展示替期間等
(オリンピックイヤーの4月以降は休館日が増えますので要確認。)

ご不明な点は、コメント欄もしくはTwitterへ…

おすすめ:

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。